グランビルの法則って知ってる?

こんにちは。

唐突ですが、
グランビルの法則ってなんでしょう…?

ネットで調べると

「絶大な効果がある…!」
「全く役に立たない…!」

という全くの二極化した意見が見受けられます。

実際にこの記事を読んでいるということは
あなたが気になるのは

「使えるのかどうか?」

というポイントについてだと思います。

 

グランビルの法則とは?

 

結論から言うと

 

 

このグランビルの法則というものは

ジョセフ・グランビルという金融作家が

過去チャートの傾向を割り出して、

「あれ、もしかしてこのパターン
うまく利用すれば勝てるんじゃね?」

という考察をして世に広めたもので、

100%勝てる手法というものではありません。

この記事では、
グランビルの法則8種類を

実際のチャートを使って紹介します。

しかし、過去の値動きは
過去の値動きでしかありません。

今日この記事を読んだところで
明日あなたは億トレーダーにはなれません。

巷では売買シグナルと言われていますが、
実際にはチャートが動きやすいだけであり

あなたがそのポイントで
売買をする必要はありません。

また、グランビルの法則は根拠を
固めるためのものであり、

「これ単体ではエントリーは難しい」

ということを念頭に置き、
あなたがトレードに取り入れる場合は、

自身の分析力と相談してから
利用するようにしてください。

それでは紹介していきます。

①から④を買いポジション、
⑤から⑧を売りポジションとして

紹介しています。

グランビルの法則①

「ゴールデンクロスで買い注文」
(上昇トレンドの始まりをつかむ)

イメージとしては下のチャートです。

売り買いの勢力が均衡しており、
25MA(25本分の移動平均線)と

絡み合っている状態から25MAを
下から上に突き抜けて

「J」

のようなチャートなった場合に、
これから上昇トレンドが始まる傾向があります。

バイナリーオプションでの
エントリーポイントとしては

それまでのレンジの最高値を超えたあたりが
最適であるといえるでしょう。

グランビルの法則②

「上昇トレンド中のデッドクロスで買い」
(トレンド継続に期待して買い増し)

イメージとしては以下のチャートです。

上昇トレンドが発生して
一時的な休憩(レンジ)に入ったポイントで

  • そのポイントで含み益を利確をするトレーダー
  • もう上がらないだろうと予想したトレーダー
  • レンジで売りのポジションだったトレーダー

これらの人がチャートから抜けていきます。

そうすることでチャートには一時的な
押し目(下げの動き)が付くことになります。

その下がった箇所でトレンド継続に期待して
買いポジションを入れるという手法です。

これも先ほどと同様に、トレンド継続の示唆
となる可能性がありますので、

バイナリーオプションではトレンドフォローの手法
として待ち伏せをしてもいいかもしれません。

グランビルの法則③

「上昇トレンド中にMAを嫌がって反発したら買い」

イメージとしては以下のチャートなのですが、
この3つ目は形だけはエントリーができません。

簡単に言うとそのポイントで買えるのか
という問題があります。

また、この法則は手法でありながら
エントリーにはかなりの値ごろ感が必要ですので、

エントリーする際には、
一目均衡表やオシレーター系のインジケーターを

併用して根拠の裏付けに役立てる
といった使い方がメインとなってくるでしょう。

もしあなたがチャート分析をしていたときに
これと同じ形を見つけたら、

「あ!ハイエントリーだ!」

と脳死でポジションを持つのではなく、
他の要素とも比較しながら

もっと伸びそうなのか?
それともここで力尽きそうだから
最後の足掻きして伸びているだけなのか?

ということを考えながらエントリーすると
より高い確率で勝つことができます。

グランビルの法則④

「MAとチャートが乖離したら
回帰するのを利用して書いエントリー」

もしあなたが初心者なら現在動いているチャートで
この法則に手を出すのはおすすめできません。

先程の法則③と比較して1つだけ
大きな違いがあります。

それは何か?

「チャートに対するエントリー方向」

という点です。

これまで紹介してきた手法は順張りであり、
比較的簡単な手法でした。

25MAから乖離したチャートは必ず元の
25MAに戻ろうとする力で、
行き過ぎたら反発します。

ではなぜおすすめできないのか、

それはどこで反発するかは
あなたには分からないからです。

煽っているわけではなく、
世界中のどんなプロトレーダー、

ヘッジファンドもどこで反発するか
という未来は分かりません。

逆張りはそれ相応の技術とリスクが伴いますので
最初のうちは順張り目線でチャートの動きを

観察するように心がけてください。

バイナリーオプションであれば、
このポイントで反発して戻ってくる箇所での
動きに合わせてエントリーする

ということもできますので、
将来的にチャート分析が完ぺきにできるように
なったときに挑戦してみてください。

グランビルの法則⑤

ここからは売りのポジションの内容になります。

「デッドクロスで売り注文」
(下降トレンドの始まりを掴む)

今度は法則①の逆で、売りシグナル出ている
という状態になります。

ここで動きやすい理由としては、
このデッドクロスの発生によって

下降トレンドの始まりとなることが多い
という傾向があります。

多くのトレーダーはトレンド転換に対して

「それまでの買いポジションを利確したい」
「下降トレンド初動で空売りを入れたい」

という2つの心理から、売り(下)方向への力が働き、
下降トレンドが発生するというのが主な原理です。

イメージとしては以下のチャートです。

それまで一時的に上昇トレンドにあったチャートが
デッドクロスから下降トレンドに転換した
というイメージです。

バイナリーオプションでは、
直近の上昇上昇トレンドの最安値を

割ったポイントでエントリーすると
高確率で勝利することが可能です。

グランビルの法則⑥

「下降トレンドの押し目で売り注文」

イメージとしては以下のチャートです。

下降トレンド中にゴールデンクロスが発生した
という状態になります。

しかし、25MAは下を向いていて、

「ここから反転して上昇するぞ!」

という動きはないと考察できるでしょう。

バイナリーオプションでは下降トレンドが
継続すると先読みをして待機しておき、

直近の安値を割ったポイントでエントリー
という風なトレードができるかと思います。

FXでは難しいですがバイナリーオプションでは
エントリーしやすいポイントとなっていますので
狙ってみてはいかがでしょうか。

グランビルの法則⑦

「下降トレンド中にMAを嫌がって反発」

③の逆と考えていただけると
分かりやすいかと思います。

イメージとしては以下のチャートです。

バイナリーオプションでは、
直近の安値を割ったポイントでエントリーすると
高確率で勝利することが可能ですので

他の要素と比較しながら
エントリーしてみてください。

グランビルの法則⑧

「急騰したチャートを逆張り」

先程の④と同じ考えで、
MAから乖離したチャートは
MAに戻ろうとする力が働きます。

多くのトレーダーが
急騰したチャートに対して

「買われすぎじゃね?」

と考えます。

それにより、今ある値段に対して
売り(下げ)方向へのちからが働いて
元のMAに戻っていきます。

イメージとしては以下のチャートです。

これは④と同様に逆張りの手法であり、
簡単に勝利することができない手法ですので

バックテスト(検証)をしっかり行い、
あなたの手法と合えば取り入れてみても
良いかもしれません。

まとめ

今回の記事ではグランビルの法則について
実際のチャートを交えて説明しました。

使えるのか?使えないのか?

と思いながら読んでいただいた方には
申し訳ないのですが、

正直かなりの確率であなたの技術力に
依存するという結果になります。

もし今回の記事を読んでもしあなたが

「これを利用してチャート分析をしよう!」

と考えるのであればぜひ努力して
グランビルの法則をあなたのものにしてください。

逆に、この記事を読んで

「明日からこの形でエントリーするわw」

と考えるのであればグランビルの法則は
チャートには参考にせず、今すぐ忘れてください。

ですのであなたの努力次第では絶大な効果が
期待できる手法ですので

抜け道を探そうとせずに地道に努力し、
一人前のトレーダーになることをお勧めします。

【無料】本当にバイナリーオプションを学びたい方へ

バイナリーオプションを、

「これから始めたい」

「すでに取り組んでいるけどうまく成果につながらない」

という方向けに、
【バイナリーオプションの教科書】を作成しました。

 

この教科書では、
バイナリーオプションで成果を出すためのすべてが記載されています。

 

まずはあなたが、
必要な知識をえるために、

この、

【バイナリーオプションの教科書】

”無料”で受け取ってください。