バイナリーオプションの無料インジケータって使えるの?Part.1 一目均衡表

バイナリーオプションの無料インジケータって使えるの?Part.1 一目均衡表

こんにちは!
トレード講師の大井龍也です!

 

チャート分析をする際に使うインジケーターって
プロは高額なものを使っていてそれを使えば
あなたも勝てるようになる

 

そう思っていませんか?

 

同時にトレーダーの使う使うソフトやインジケーターは、
野球やバドミントンのように



プロとアマチュアの使う道具に圧倒的な違いや差がある
という風に勘違いされることがよくあります。

汚いチャート


例えばプロはこんなチャートでトレードをしていて
子のチャートなら100%負けない!
と考えていないでしょうか?

 

実はこれは大きな間違いで、
お金を稼いでいる人ほどインジケーターを使用しない
という情報もあるくらいです。



例えばヘッジファンドの取引担当者は
以下のような画面の数字のみを見ており、
チャートは補助的にしか見ていない
という情報もあります。

 

とは言っても、彼らのようにチャートを見ただけで
これから動く方向が分かるようになるには
10年以上の経験が必要となる可能性があります。

 

こんな億トレーダーになりたいと夢を掲げても、
手が届かずに諦めてしまうというのが現状かと思います。


そこでプロと同じ目線でチャート分析をするために
アシストをしてくれるのがこのインジケーターで、
正しく使い方を守るだけでチャート分析において
絶大な効果を発揮します。


先程も言ったように、チャート分析をするために
勝てない高額なサインツールを買う必要はなく、


チャート分析ソフトに無料でインストールされている
この一目均衡表を使うことでトレードに有効な
売買判断をすることができます。


この記事では、
以下の順番に従って説明していきます。

 

  • インジケーターの概要

 

  • 使い方


投資経験ゼロの初心者にもわかるように必要な情報を
掻い摘んで説明しますので最後までご覧下さい。


また、この記事を読んだ後に参考になったなと思っていただけたら
twitterにて記事の拡散をよろしくお願いします!

一目均衡表とは

一目均衡表の概要

一目均衡表とは、先行スパン2本と遅行線、基準線、転換線
以上の5本によって構成されるインジケーターで、


「雲」というワードが出てきたら間違いなく
この一目均衡表を指します。


また、雲との位置関係で「トレンド相場」なのか「レンジ相場」なのかを
チャートを見るだけで判断できます。


ボリンジャーバンドと比較してチャート分析に必要な要素が多く、
且つ世界中で広く利用されているためこれだけでも
トレードが出来てしまうというメリットが存在します。


それでは具体的な使い方を説明します。

一目均衡表の使い方


一目均衡表の使い方を簡単にまとめると

 

  • 方向感
  • 勢い
  • 値頃感を大まかに読み取る

 


加えて一目均衡表で売買判断のシグナル(指標)が出るため、
それに合わせて売買すると比較的勝ちやすいという点が
一目均衡表の使い方になります。

まずは方向感について


一目均衡表は表示してみると分かるように
雲(○日前の値段)に対して今の値段が
高いのか安いのかを示しています。


(※ここで「○日」というのはあなたが指定した
ローソク足の本数になります)


例えばMT4のデフォルトの設定は
52日後であり、52本前のローソク足と現在のレートを
比較していることになります。


チャートが雲よりも上(もしくは下)にある場合、
○日前の値段よりも高い(もしくは安い)ことが分かります。


逆にチャートが雲と同じような場所にあって
ゴチャゴチャしている場合、○日前の値段と比べて
変化していないことが分かります。


この事から、「雲に対して距離があればトレンド相場」
「雲と絡み合っていたらレンジ相場」という考察ができます。


ただこれは意識して「トレンドだ!レンジだ!」と考える必要はなく、
あくまでもトレンドフォローの手法を実行するために
レンジ相場ならトレードを控えるという
意識をもつだけで良いと思います。

次に、勢いについて


雲についての位置関係がわかったところで
今度はチャートの勢いについて考えてみましょう。


上の画像のように、「明らかに雲を嫌がって動いた」
というチャートを見つけることがあります。


オレンジ色の箇所は雲より下に行くことを拒み、
水色の箇所は109.660を超えることを拒否し、☆の箇所で
一度は止められたもののそのまま下降してしまった
と考察できます。


これは短期足(1分、5分)ではなく1時間足以上の
チャートを観察すると沢山出てきます。


ここで注目して欲しいのが
雲をどれだけ嫌がっているのか?
という点です。


雲に対して攻防戦があり、ジワジワと押された場合は
なだらかな「J」のような形を描きます。
上の画像ではオレンジ色の部分に
該当します。


逆に多くのトレーダーが確固たる意思をもって
雲よりも上に行かせないと考えた場合は


ジェットコースターのような動き方、落ち方をします。
上の画像では水色の箇所が該当します。


このように「雲に対してのトレーダーたちの意識」
を推し量ることが出来るため、雲にタッチした時の動きは
しっかりと観察できると良いでしょう。

3つめは値頃感について


値頃感というのは現在のレートが相対的に見て高いのか、
安いのかを意味するもので一目均衡表を見れば
これも大まかに把握できます。


この値ごろ感は一人一人の観点による判断のため、
Aさんは今の値段が高いと感じていても、Bさんは今の値段を
安いと感じている可能性があるということです。


先程の話で「雲との位置関係」は○日前のレートと比較して
高いのか安いのかを示していると説明しました。


そこから損失を出さないために早めに手仕舞の作業である「利確」
をするトレーダーが増え始めるため、動きが怪しくなったり、
実際に反発してしまったりする例もあります。


ここまで詳しく考察する必要はありませんが、
トレンドが発生して時間が経ち、雲から離れすぎてしまった時には
警戒してエントリーをする、若しくはエントリーしない
という判断をしても良いかもしれません。

一目均衡表のシグナルについて


一目均衡表には三役好転、三役逆転という2つの売買シグナルが存在し、
トレンド中にこのシグナルが発生した場合、トレンドの終了や、
トレンドの停滞に注意する必要があります。


逆に、レンジ相場からこのシグナルが発生した場合、
好転なら上方向、逆転なら下方向に動く可能性が高いため、
エントリーのチャンスを待ちましょう。


三役好転、三役逆転についての定義は
細々としたものがありますが、これを単語で覚える必要はなく、
チャートの形として覚えてしまいましょう。


三役好転はこのような定義であり、
チャートが雲を抜けて、遅行線も雲抜けをすれば
この赤と青の線はチャートにくっついて動いているので
深く考える必要ないため、


「チャートと遅行線が雲抜けしたら三役好転」
と覚えてもよいでしょう。


三役逆転も先ほどと同様に、
「チャートと遅行線が雲をした抜けた」という点で
形として覚えましょう。


この非常に便利な売買シグナルである「三役好転」「三役逆転」
ですが、相場のなかで比較的動きやすいという指標であるため、
絶対ではありません。


このシグナルが発生しても「チャンスだ!」と鵜呑みにして
エントリーするのではなく、高値安値などのほかの要素と
組み合わせながらタイミングを図りましょう。

まとめ


今回のパートでは、「無料インジケーターは使えるのか?」
という観点から一目均衡表を紹介しました。


今回紹介した要素をフル活用すれば、
プロ顔負けのチャート分析をすることが可能になるでしょう。


MT4をインストールするだけで誰でも無料で使うことができる
インジケーターですので是非あなたの裁量トレードに
活用してください!


もしこの記事が参考になった、一目均衡表を使ってみようかなと
思っていただけたらTwitterで感想と拡散を
よろしくお願いします!

さいごに

あくまで、バイナリーオプション(投資)は、
副業という選択肢の一つです。

必ずしも投資をしなければいけない
という事はありません。


そもそも、
副業を必ずしなければいけない決まりはありません。


ただ、もしあなたが

副業をしたい、
今のお仕事の給与とは別に収入の柱を作っていきたい、

と思っているのであれば、
私たちは投資をオススメします。

 

投資は、副業に最適といわれているうちのひとつです。

・場所を選ばない

・覚えてしまえばできる(為替はなくならないから)

・やり方さえ覚えてしまえば1日15分程度の時間でも成果をだすことができる

などから、
副業に最適といわれいます。

あなたのこれからの生活、日本の状況を考えた時に選択肢が労働収入だけなのか、

それとも、
資産収入という選択肢もあるのかが大きな違いになっていきます。

 

最近では、金融庁も

「年金だけでは足りない、
若いうちから投資など自助努力で資産運用を始めるべき」

と公言しています。

 

 

これだけは言わせてください。

どんな形であれ、
本業とは別に収入を得るための行動はするべきです。

 

できない理由を自分で作るのか、
やりたい理由を自分で考えるのか。

 

継続的な利益のための自己投資をするのか、

単発的な欲求解消のためだけに自己消費をするのか、

結果的に得られるものを考えてください。

 

利益を出すための技術と、
その場しのぎの自己満足で終わるのか、

今のあなたにとって、
どちらの方が優先順位が高いですか?

もし、あなたが、
継続的な利益を求めているのであれば、
知識やスキルは必要不可欠です。

 

これはどんな仕事、分野でも、
必ず、学ばなければいけません。

CACでは、
そのための環境を用意しています。

 

知らない物をいくら悩んでも答えは出ません。

勉強する為の知識が欲しい人は、
まずは、参加してみて下さい。

 

そして、本当に自分に必要なものかどうか見極めて下さい。

 

参加にあたって、
質問なども出てくると思います。

 

そのような質問にもすべてお答えさせていただいてますので、

下のページからまずはどのようなサービスなのかを見てみてください。