バイナリーオプション・副業が会社にバレるたった1つの理由とは?

バイナリーオプション・副業が会社にバレるたった1つの理由とは?

こんにちは!トレーダーの大井です。

この記事では、「会社にバレないようにバイナリーオプションやFX、その他副業するにはどうしたら良いのか?」という疑問にお答えします。

記事の信頼性

記事の信頼性については、下記記事の冒頭に書きました。
バイナリーオプション・FXの税金の仕組み【誰でもわかる解説4選】

サラリーマン時代からのトレード歴は15年ですので、その時の経験をお話できると思います^^

バイナリーオプション・副業が会社にバレるたった1つの理由とは?

バイナリーオプションやFXを始めとして副業が会社にバレる理由は、「会社が払う住民税が増えるため」です。会社は給与から税金などを天引きしていますが、給与に対してのみ税金を計算しています。しかしFXの利益が増えると、住民税も増えてしまい、差額が生じてしまうんですね。

住民税に差額があると、市役所などから会社に通知が届きます。それによってバレてしまうわけです。

自分で差額の税金を払えば会社にはバレない!

差額を会社が払う仕組みになっているから会社にバレる。つまり、最初から自分で差額を払うようにしておけば、副業していても会社にはわからないということです。

「特別徴収」から「普通徴収」に切り替える手続きをすればOK

会社が住民税を支払うことを、「特別徴収」と言います。反対に、自分で住民税を支払うことを、「普通徴収」と言います。市役所に行って、切り替える手続きしておきましょう。住民税増額通知が、あなたに直接通達が行くようになります。

手続きもかんたんで、市民税課の職員に口頭で伝えて、書類に「○」を付けるだけ。手続きの際に職員にしっかりと「投資の雑所得があるが会社に知られたくない」という旨を伝える事をお勧めします。

利益が増えると確定申告が必要

前回の記事(確定申告の仕組みとバイナリーオプション【稼いでから考えればOK】)にも書きましたが、サラリーマンの場合、年間20万円以下の利益は非課税。確定申告は必要ありません。しかしそれ以上の利益については、確定申告と納税が必要です。

確定申告をすると、所得の情報が税務署から市町村へ送られます。それをもとに市町村が住民税を計算するので、住民税の差額は必ず会社にバレます。会社とトラブルにならないよう、事前に手続きを終わらせておきましょう。

【まとめ】普通徴収で副業はバレないが、やらないと大きなリスク!

バイナリーオプション・FXなどの副業で20万円以上の儲けが出せるようになったら、普通徴収に切り替える手続きをやっておきましょう。

サボって確定申告しないのは言語道断(脱税によるペナルティ有り)ですが、その前に普通徴収に切り替えておかないと、会社にバレる可能性はあります。副業禁止を就業条件にしている会社の場合、揉めてしまい、もっと面倒なことになりかねません。

そうならないように、制度について理解して、賢く副業を楽しみましょう!

【無料】本当にバイナリーオプションを学びたい方へ

バイナリーオプションを、

「これから始めたい」

「すでに取り組んでいるけどうまく成果につながらない」

という方向けに、
【バイナリーオプションの教科書】を作成しました。

 

この教科書では、
バイナリーオプションで成果を出すためのすべてが記載されています。

 

まずはあなたが、
必要な知識をえるために、

この、

【バイナリーオプションの教科書】

”無料”で受け取ってください。