最も効率的な手法確立の方法

こんにちは。

コミュニティに参加しようとは思っているけど
ど金銭的な面や、信用的な面から
参加を先延ばしにしていませんか?

でもコミュニティに入るのは勇気が出ないけど
チャートの勉強はしてみたいな…

そう思っているあなたに朗報です

今回は

「最も効率的な手法確立の方法」

と題しまして、

順張り手法を自分のものとして
トレードをするときに大切になってくる
インジケーターを3つ紹介します。。

これを見てきちんと理解すれば
あなたは明日からプロトレーダーの
仲間入りです。

「いや俺は独自の手法を編み出してやるぜ!」

という頑固な方はぜひとも試行錯誤して
この記事に戻ってきてくれると
とても嬉しいです。

逆にあなたがプロの順張りをマネできるのは
絶好のチャンスと考え、ほかの初心者よりも早く
絶対に身に着けたい場合

この記事を一字一句読み飛ばすことなく
友達からLINEが来ても無視し、

読んだあとはTwitterに学んだことを
アウトプットしてください。

そうすれば将来的にあなたはトレーダーに
なることができるでしょう。

それでは本編に入ります。

1.最強の手法は順張り

バイナリーオプションでは
判定時間が決まっており、

以下のようなFXの
取引方法は使えません。

 

  • レンジ相場での適当なポジション取りからのスキャルピング
  • ラインで跳ね返ること前提の逆張りポジション
  • 長期間のポジション保持での高額リターン
  • 複数のポジションを購入したのち、いくつかの利確

 

それにより、
トレンド相場での勝負をしなければ
勝てないような仕組みになっています。

このトレンドの中の戦い方というのは
具体的に2つあり、

トレンドが

続くか?
終わるか?

この2択で判断し、
順張りと逆張りを使い分けます。

FXのスキャルピングような
利確、損切に関しての無駄な神経を使う必要がないのも
バイナリーオプションの楽なポイントだと
言えるでしょう。

それではこのトレンド相場を
見分けるインジケーターを紹介していきますので
あなたもMT4を開き、

実際に動かしながら
記事をご覧ください。

2.トレンドを見分けるためのインジケーター

一概にトレンドを見分けると言っても
たくさんのインジケーターがあるかと思います。

そこで今回は比較的初心者でも使いやすく、
プロトレーダーも使っている人が多いインジケーター
について紹介します。

どれも使いこなせればプロと同じチャート分析が
できるようになるインジケーターですので
是非マスターしてください。

①一目均衡表

定義は長々とありますが、
正直定義等は重要ではないため、
ここでは説明しません。

この一目均衡表を入れると

  • 先行スパン1
  • 先行スパン2
  • 遅行線
  • 基準線
  • 転換線

この5つの線が表示されます。

先行スパン1と2で描かれる
抵抗帯のことを

「雲」

と呼んだりします。

また、基準線と転換線は細かい定義等によって
チャート分析の時に惑わされてしまうことに加え、

のちに示すインジケーターの動きでも
代用できてしまうことからここでは使いません。

一目均衡表とはその名の通り

「一目(ひとめ)で均衡がわかる表」

という認識で正しいです。
このインジケーター入れることで

チャートが均衡状態なのか?

それとも

どちらかの方向に均衡が破れているのか?

これがわかります。

例1

このチャートを見て
どのような印象を持ちますか?

「なんかごちゃごちゃしていて見にくい」
「いろんな線がかぶさっていて難しそう」

このような印象があれば
考え方は大正解です。

この雲と絡み合ったような状態の時は

「均衡が保たれている」

として定義されているため、
一目均衡表的にはこれはレンジ相場となります

チャートがぐちゃぐちゃだなぁと
思ったときはトレードをしない

という風なルールを設けても
良いかもしれませんね。

例2

では逆にこちらのチャートはどうでしょうか?

どんどん下に下がっていっています。
この時に見てほしいのは

「雲から適度に離れているかどうか?」

という点です。

雲と絡み合っている時がレンジ相場ということは
逆に雲から離れているポイントは
トレンド相場となります。

注意として、
方向がわかったからと言って

そのポイントからどちらに動くかは
誰にもわかりません。

ダウ理論やライン等を利用して
明確なエントリー根拠が出るまでは
待つように心がけましょう。

ちなみにこのチャートでは
2回目の下落が始まったときに、

1回目の最安値を更新した
ポイントでエントリーをすると
高い確率で勝つことが可能になります。

一目均衡表の売買シグナル

一目均衡表には
三役好転、三役逆転という

2つの売買シグナルが
存在します。

しかし、正確には

「三役好転で買え!三役逆転で売れ!」

という指示をしている
ものではなく、

「三役好転が成立したらこれから上昇トレンドが始まる傾向」

「三役逆転が成立したらこれから下降トレンドが始まる傾向」

というトレンド開始の目安なので、
間違えてもこのシグナルを頼りに
売買はしないようにしましょう。

正確な定義は以下の通りです。

②平均足

先ほどの最後の画像に少し映っていましたが
赤と白のローソク足で表示されているものが
平均足になります。

これは他のインジケーターのような

「情報を加える」

インジケーターではなく、
チャートを整理することで

「情報を減らす」

インジケーターになっています。

具体的には2本のローソク足の
平均を取ったものをチャートに表示しているため、
動きがマイルドになります。

メリットとしては

「細かい動きにとらわれなくなる」

「大まかな動きを捉えやすくなる」

デメリットとしては

「描画が平均値なので細かい変動が反映されないこともある」

と言われています。

また、これも初心者からプロまで
幅広く使われているため、

使いこなせればプロと同じ視点で
チャートが分析可能になる
インジケーターです。

例1

以下の2枚のチャートを見て
どちらが見やすいか

考えてみてください。

A : MT4を開いた時に最初に出てくるいつものチャート

B : 平均足(Heikenashi)を導入したチャート

見てわかる通り、Bの平均足の
チャートのほうが明らかに方向感が
わかりやすいですよね。

10分判定程度の順張りでは
細かな動きはほぼ無視できるため、

バイナリーオプションでは
平均足を使ってトレードをすることを
お勧めします。

3.ストキャスティクス

順張りトレードでは巷で
めっちゃ勝てると噂のクソ手法、

「30、70トレード」

は使いません。

そもそもこの手法は
間違った使い方であって統計的に見ても
大敗している結果が多く、

トレードにおいてはまったく意味をなさない
手法と言えます。

「だったらどう使うのさ?」

と思われたと思います。

結論から申し上げると
ストキャスティクスはトレンドの終わりを
判断するのに使用します。

ストキャスティクスにも
一目均衡表の「三役○○」と同じように

「ダイバージェンス」
「ヒドゥンダイバージェンス」

という2つのシグナルが
存在します。

文字で説明するよりも図で説明した方が
わかりやすいので以下の画像をご覧ください。

例1 ダイバージェンス

赤枠の中を見ていただくと、
チャートは少しずつ上昇しているのに
ストキャスティクスは値が下降しています。

このことをダイバージェンスと言い、
値動きに対してのポジション購入者が減っている。
すなわちトレンドの終わりを示すことがあるので

これが確認できた時には
エントリーを控える必要があります。

例2 ヒドゥンダイバージェンス

赤枠の中を見ていただくと、
今度はチャートの下降に対して
ストキャスティクスが同じ動きをしています。

これをヒドゥンダイバージェンスと言い、
これが確認できたら値動きに対してポジションを
購入した人も増えている。

すなわちその方向に行くと考えた人が多い
と考察することができます。
これにより、

「まだトレンドが継続する要素が1つある」

としてエントリー候補にするのも
良いでしょう。

チャート分析をしていてもなかなか気づくのが
難しいシグナルですがこれさえ発見できれば
エントリーするか否かの判断が

一瞬でできてしまうので
ぜひ習得してほしい技術となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は順張り手法を
確立するためのインジケーターを3つ
紹介しました。

インジケーターはこの3つだけではなく、
何十種類、何百種類と存在します。

興味があれば
他のインジケーターの特徴についても
調べてみてください。

この3種類以外にも
あなたに合ったインジケーターが
見つかるかもしれません。

しかし、インジケーターは便利ものではありますが、
入れすぎるとトレードを惑わせるだけですので

くれぐれもインジケーターだらけのチャートで
トレードはしないようにしてください。

さいごに

あくまで、バイナリーオプション(投資)は、
副業という選択肢の一つです。

必ずしも投資をしなければいけない
という事はありません。


そもそも、
副業を必ずしなければいけない決まりはありません。


ただ、もしあなたが

副業をしたい、
今のお仕事の給与とは別に収入の柱を作っていきたい、

と思っているのであれば、
私たちは投資をオススメします。

 

投資は、副業に最適といわれているうちのひとつです。

・場所を選ばない

・覚えてしまえばできる(為替はなくならないから)

・やり方さえ覚えてしまえば1日15分程度の時間でも成果をだすことができる

などから、
副業に最適といわれいます。

あなたのこれからの生活、日本の状況を考えた時に選択肢が労働収入だけなのか、

それとも、
資産収入という選択肢もあるのかが大きな違いになっていきます。

 

最近では、金融庁も

「年金だけでは足りない、
若いうちから投資など自助努力で資産運用を始めるべき」

と公言しています。

 

 

これだけは言わせてください。

どんな形であれ、
本業とは別に収入を得るための行動はするべきです。

 

できない理由を自分で作るのか、
やりたい理由を自分で考えるのか。

 

継続的な利益のための自己投資をするのか、

単発的な欲求解消のためだけに自己消費をするのか、

結果的に得られるものを考えてください。

 

利益を出すための技術と、
その場しのぎの自己満足で終わるのか、

今のあなたにとって、
どちらの方が優先順位が高いですか?

もし、あなたが、
継続的な利益を求めているのであれば、
知識やスキルは必要不可欠です。

 

これはどんな仕事、分野でも、
必ず、学ばなければいけません。

CACでは、
そのための環境を用意しています。

 

知らない物をいくら悩んでも答えは出ません。

勉強する為の知識が欲しい人は、
まずは、参加してみて下さい。

 

そして、本当に自分に必要なものかどうか見極めて下さい。

 

参加にあたって、
質問なども出てくると思います。

 

そのような質問にもすべてお答えさせていただいてますので、

下のページからまずはどのようなサービスなのかを見てみてください。