移動平均線についての基礎知識を身に付けよう

こんにちは。

単刀直入な質問ですが

「移動平均線(通称:MA)」

をご存知ですか?

ご存知でなければ単語から
想像してみてください。

「平均」

というワードがあるから
一定の時間の値段を

平均するといった感じで
解釈できると思います。

しかし、
初心者のトレーダーだと
ボリンジャーバンドや

一目均衡表などの
チャート分析をしなくても

ある程度方向がわかる
インジケータが好まれている

という印象が
とても強いです。

これらのインジケーターは
大まかな動きを捉えるのには

とても有効的ですが、
エントリーのタイミングとして

使用するならば
要素としては
まだ不十分です。

そこで使われるのがMAの
設定値で1から200の

好きな時間を平均化した
線にすることが出来ます。

移動平均線には様々な
使い方や解釈があり、

ある人は21EMAを使って
サポートラインの見極める。

ある人は200EMAで
跳ね返りを狙う。

という風に正解は様々で
一概にどれが正解と

決めつけることは
出来ませんので

今回の記事では
移動平均線の基礎知識、

そして使いかたの例を
詳しく紹介しますので

最後まで読んだ後に
何を学んだのか、

何がわからなかったのかを
自分の使っている媒体で

アウトプットしてください。

目次

1.移動平均線とは?

移動平均線とは
その名の通り、

動く平均値の
ラインです。

引き方によっては
無限に線が引けるため、

あなたに合った設定の
値を使用することを
おすすめします。

ちなみに有名な数値は
21、75、200などが

よく使われており、
同じ数値で見ることで

大多数のトレーダーと
同じラインを見ながら
トレードが出来ます。

自分だけ違う視点での
チャート分析をして負ける

といったことが
少なくなります。

また、移動平均線の角度や
ローソク足との距離を

把握することで、
トレードに適している
相場なのか?

それともトレードを
してはいけない相場なのか?

これを見極めることで
エントリーをする際の

最後の確認をすることが
可能になります。

2.移動平均線の使いかた

以下のチャートの
オレンジ枠のように、

トレンド発生時には、
移動平均線に

支えられるようにチャートが
動くことがあります。

逆にレンジ相場では
以下のチャートのように

移動平均線とローソク足が
絡み合うような

動きになるので
エントリーを控えるための

根拠として考えることが
可能になります。

まとめ

移動平均線を使って
チャート分析をするときに、

CACでは3つの期間の
移動平均線を使って

チャート分析をする方法を
レクチャーで教えており、
殆どのメンバーさんが

トレーダーとして
一人前になられています。

あなたが独学で学習していて
移動平均線の使いかたが

イマイチよくわからない
と感じたときには

ぜひCACのメンバーになって
レクチャーを受けてみては
いかがでしょうか。

【無料】本当にバイナリーオプションを学びたい方へ

バイナリーオプションを、

「これから始めたい」

「すでに取り組んでいるけどうまく成果につながらない」

という方向けに、
【バイナリーオプションの教科書】を作成しました。

 

この教科書では、
バイナリーオプションで成果を出すためのすべてが記載されています。

 

まずはあなたが、
必要な知識をえるために、

この、

【バイナリーオプションの教科書】

”無料”で受け取ってください。